1. トップページ
  2. ニキビ跡と髭剃り
  3. 鼻の下にニキビ跡が...剃刀でヒゲを剃るのはダメ?

鼻の下にニキビ跡が...剃刀でヒゲを剃るのはダメ?

鼻の下のニキビ跡...。赤いプツプツがあるとつい潰したりして跡になってしまいますよね。
しかも剃刀で髭を剃ると赤みが強くなったり潰すつもりが無くても潰れたりで結局跡になってしまう...。そんな男性向けの対策法です。

鼻の下にニキビ跡がある場合、剃刀で髭を剃るのはあまり良くない?

鼻の下にあるニキビ跡がとても気になるものの、髭は毎日生えてきます。

このような場合、剃刀で鼻の下の髭を剃っても大丈夫なのか!?

ニキビが出来れば赤いブツブツが見え、目立たないように潰すとかえって膨れ上がって目立ってしまうことも...。

かと言って赤みのあるニキビを無視してヒゲを剃れば、ニキビは潰れたり出血することもあります。

そのため、なるべく髭剃りはしない方が良いんです。

しかも、髭剃りに使う剃刀に雑菌が付着していれば、ニキビは治るどころか酷くなり、つまりはニキビ跡が消えることもなくなってしまいます...。

ニキビ跡の治し方もしくは隠し方は?鼻の下は目立つ部分だから気になる...

顔の中でも鼻の下って意外と目立つ部分なんですよね。

人はまず他人と話をする時には目を見ると言われていますが、もし鼻の下に赤いプツプツがあればそれも気になってつい見てしまうものです。

そんな目立つニキビ跡は隠したり目立たないようにできるのでしょうか?

まず、ニキビ跡を隠すには、女性が毎日使っているファンデーションやコンシーラーを使用するという手があります。

ファンデーションとは顔全体の色ムラや凹凸を目立たなくしたり、ツヤや明るさを出す化粧品で、鼻の下のニキビ跡もある程度は消す(見えなくする)ことが可能です。

また、コンシーラーとは部分的に使用するもので、特に色ムラに対して効果を発揮する化粧品です。

そのため、コンシーラーもニキビ跡の赤みを隠すには良い化粧品と言えるでしょう。

ただ、これらはあくまで上塗りをして隠すものなので、人が見ると「化粧してる?」とすぐにバレてしまいます。

それに、ニキビができている部分は肌が敏感になっているので、そこに化粧品を塗れば炎症を起こしたり痒みが出たり、さらにニキビがひどくなる可能性さえも否定できません。

このようなことにならないよう、赤みのあるプツプツ跡を目立たなくするには、毎日しっかりと保湿を行うことが実は最も重要なんです!

肌のバリア機能(外からの刺激に対応できる肌の機能)を高め、ターンオーバー(古い肌細胞から新しい元気な細胞に生まれ変わること)を促進させることこそが、ポイントとなるんです。

鼻の下にニキビ跡が...剃刀でヒゲを剃るのはダメ?に関連するコンテンツ