ニキビ跡が邪魔で綺麗に髭剃りができない…

10代に入り頬にたくさんのニキビができた。

青春の証などとも言われるニキビですが、放置しておいた結果今ではニキビ跡のせいできれいに髭剃りができなくてストレスを感じている…!というあなた。

うまく剃れないまま仕事に行けば、会社では「無精髭!」「清潔感がない!」「だらしない!」と思われますし、私生活でもあまり良い印象ではありません。

それに、自分でも頬に触れるとザリザリとして気になってしまいますよね。

しかし、凸凹になったニキビ跡を無視して髭剃りを続けてしまうと、皮膚の表面が削られてあちこちから血が出てきてワイシャツに赤いシミが…なんてことも多々あります。

この状況、一体何とかできないのか!?

ニキビ跡がある場合どう髭を剃るべきか?肌に優しい剃り方とは?

肌を傷付けることなく優しく髭剃りすれば…と思うものですが、これって結構難しいんですよ。

やってみればわかると思うのですが、とくに頬や顎はカーブがあるので、そこに合わせてうまく髭剃りするのは至難の技…。

なので、幅が狭い髭剃りでちょこちょこ角度を変えながら処理していく剃り方が最も良い方法と言えるでしょう。

ただ、どんなに優しく剃っていても肌へのダメージは絶対に与えてしまうので、結局ニキビ跡には良くないかもしれませんね。

髭剃りをしないわけにもいかない…ニキビ跡はどうすれば良い?

多くの男性は、ニキビ跡はこれ以上きれいにならないものだ…と諦めているのが現状。

しかし、ケアをすれば目立たなくなる可能性だってあるんですよ!

人の肌は約28日で入れ変わると言われています。

これを肌のターンオーバーと言うのですが、ターンオーバーを整えることで肌は再生してくれるんです。

ニキビ跡を何とかしたいと悩んでいるのであれば、毎日根気強く肌サイクルを整えるようなケアを始めるのが一番の近道なんです。

更新履歴